あけてくれ
ごく個人的には、著者の専門域以外では、「五日間目隠しをして暮らしただけで脳が変化する?」の話題が興味深かった一週間ほど視覚を遮断するだけで他の感覚が変わるというのである。たった一週間で神経の新しい回路ができるとは考えにくいとしながらも、彼女を含め、この分野の学者はこの点に注目しているらしい。
 「個人的に」といったのは、似たようなことで思い当たることがある。私が高校生のとき、どうしたら心地よい眠りと目覚めができるかという個人研究をした。その際、環境音を使った。それを入眠・覚醒にセットして聞いた。環境音では鳥の鳴き声が目立つ。これを一か月くらいしたころからだろうか、町なかの鳥の声がしっかり聞こえるようになって、びっくりした。
 この聴覚はその後、一生つきまとった。それでなにか得したことはないが、町なかを歩いていると、あ、鳥が聞こえる、とわかる。他の人と歩いていると、どうも他の人には、その声は聞こえてないみたいなのに。
hellofromtumblr:

Follow more blogs and have more fun!
Tumblr Spotlight has thousands of hand-picked blogs in over 50 categories.
Visit Spotlight

hellofromtumblr:

Follow more blogs and have more fun!

Tumblr Spotlight has thousands of hand-picked blogs in over 50 categories.

Visit Spotlight

寝る前に子どもが「落語読んで! 落語!」とせがみ、「親子酒!」「つる!」と噺まで指定してくることがある。おかげで夫はすっかり落語が上手になった。そして昨日。夫は優に1分は「牛ほめ」と思われる一節を寝言でベラベラと喋りまくっていた。正直こわかった。本当にこわかった。

 長距離トラック運転手の代名詞、「トラック野郎」。俳優の菅原文太が主演した同名の映画が封切られたのは1975年で、79年までにシリーズ10作品が制作され国民的な人気を博した。高速道路が整備され、陸運が日本の経済発展を下支えした時代。銀幕の中で主人公の星桃次郎は愛車「一番星号」に乗り、日本全国を走り回った。

 この頃、星と一番星号にあこがれて長距離ドライバーになった者は少なくない。実際、90年代にバブルがはじけるまでは、きついながらも高給を得られる人気職種だった。20代に体力にまかせて数千万を稼ぎ、自分のトラックを買う。30代に仲間と運送会社を立ち上げ、さらに稼ぎまくる。派手な装飾の「デコトラ」は成功の証しで「フェラーリが買えるような資金を投じるドライバーも少なくなかった」(自動車部品店、トラックショップジェット千葉店店長の荒川久)。

 「仕事に一度出たら10日前後は家に帰らないのはザラ。その代わり月給は社長より多く、100万円を超えるのが当たり前だった」。こう語る大阪府門真市のドライバーは23歳からハンドルを握り、現在61歳。バブル崩壊後の「失われた20年」は、需要縮小と競争激化で月額給与は減り続け、今は40万円を割り込んだ。「ルール違反の処分も怖いし体力的にもきつくなってきた。年内に引退したい」

 再現性がないんですよ。イノベーションは再現できないんです。

mentalalchemy:

for-science-sake:

The Black Egret is a species of bird that occupies African, coastal streams, rivers and flats. They use a unique and effective fishing strategy called Canopy Feeding. This is when they cloak their wings around Themselves to shade the water and entice fish into their seemingly safe shade.

me shading my haters

48 名前:名無しさん必死だな :2012/12/02(日) 12:17:35.45 ID:Mv5mKJBS0

クリティカルヒットを「会心の一撃」と意訳し
敵側がつかうなら「痛恨の一撃」だなと対義語を作る言語センス
これだけでも並の人間では生涯たどり着けない領域
念のために述べると「精神病」の定義は純粋に社会的なもので、たとえば有名な例ならば60年代のアメリカに旅行してなんらかの理由で入院したフランス人は、診断されれば、十中八九、アルコール依存症であると宣言される可能性が高かった。
フランスの病院ならば、そんなことはありえなかったが、アメリカの病院では一滴のワインも昼食につかないので、急にアルコールを断たれてショック死した例もある。
当時の「正常な」フランス人は、アメリカでは紛うことないアル中だったからです。