あけてくれ
freshphotons:

"Helices are amongst the most common structures in nature and in some cases, such as tethered plant tendrils, a more complex but related shape, the hemihelix forms. In its simplest form it consists of two helices of opposite chirality joined by a perversion." Via.

freshphotons:

"Helices are amongst the most common structures in nature and in some cases, such as tethered plant tendrils, a more complex but related shape, the hemihelix forms. In its simplest form it consists of two helices of opposite chirality joined by a perversion." Via.

Hart-Holmstromが指摘するように、IT産業では資本の所有権よりプラットフォームが企業のコアなので、利潤最大化よりプラットフォームの最適化を優先したほうがいい場合がある。短期的に利潤を最大化しても、プラットフォーム競争に負けると全滅するからだ。プラットフォームは現場が決めるものではなく、経営者が独裁的に決めてトップダウンでやるしかない。

だからやるべきことは明らかだ:不採算部門を売却し、製造を海外にアウトソースして、コア事業の開発部門だけを本社に残して、CEOの責任でプラットフォームを統合することだ。しかしソニーは製造現場を国内に抱えたままなので下克上が強く、一貫した戦略がとれない。現場の雇用を守らなければならないからだ。

この現場主義が、日本の企業に共通の病である。みんなが長期的関係に自縄自縛になって部分最適にはまり込んでいる。本来は資本市場でそういう「大変化」は実現するのだが、日本では資本市場が機能していないので、ソニーも生きるか死ぬかの瀬戸際に追い込まれるまで変われないだろう。
pootee:

photo.JPG (via jerkhaircut)
enjoetoh:

(´・ω・)

enjoetoh:

(´・ω・)

petapeta:

Фотоподборка (108 фото)
taku007:

あごひげ海賊団 : 日本流・謝罪の6段活用
ずる休みを極端にきらう。これが、日本人の精神構造なのだ。  だから、我々はどうしても、ムリを溜めやすい。
子供時代は、大人になって社会で生活する準備段階として「鍛える」ことが必要だ。  その時に必要な心の強さは、「我慢する」、「あきらめない」、「全部やる」、「1人でやる」、「完全にやる」である。
ムリが来ている、つまりうつっぽくなっている人にとって、他人からアドバイスされることがどんなに嫌で苦しいか
「俺は、何もプレッシャーなどかけていない」 「ムリな要求などしていない」 「勝手に、潰れていっただけだ」 「あの程度で潰れるのなら、どこに行っても同じだ」  などという発言が聞かれることが多いが、その発言自体が、リーダーシップの失敗を物語っている。